« ウチワサボテンのカキコ 再入荷しました | トップページ | ウチワサボテン ストリクタ初開花 »

2018年6月25日 (月)

バシラリス 2タイプ初開花

先日、実生苗を接木したバシラリス(Opuntia basilaris)が開花しましたので、どんな違いがあるか比べてみましたtulip ウチワの栄養状態や個体差によっても花の状態が変わるので、あくまで今年開花分での観察という事でご了承をeye

2018051802
バシラリスnv

こちらは典型的バシラリスの花の形状をしていますが、花弁が繊細なのでややふんわりとした印象、花色はやや桃色が強いフクシャ色なので、透明感のある桃紫色と言う感じでしょうか。 個人的に好みのタイプの花でしたheart04 実際にお花見たら、お世話頑張ろうと思ったゲンキンな私が通りますrun

2018051801
バシラリスaw

こちらのバシラリスは色こそ典型的フクシャ色ですが、咲き方はちょっと個性的でしたwink バシラリスの花の多くは形状が逆三角形で、開いても花弁の先端が内側を向いていておわん状になる程度ですが、この花は先端までしっかり伸びています。 花弁の長さはnvとそれほど変わりませんが、全開になる分、花径が10cm少し超える位になるのでより大きく見えます。 もしかしたら接木の影響があるのかもしれません。

2018052901
バシラリスaw

同じawでもこちらは花のサイズ、花びらの色や縮れ具合、おしべの密度と花粉のたっぷり加減はほぼ同じですが、開き方は通常通りでしたsmile 1つ目のawは時間の経過と共に全開になりましたが、こちらは典型的なバシラリスの花の形状のまましぼみました。 ちなみに同じawなのに画像の色が違って見えますが、これはメタリックな質感ゆえに、撮影時間によって違うように写っているだけで、同じ色なんですよ。 華麗なawタイプのバシラリスはサボテン愛好家であるサボテン工房のおやじさん一押しだったりshine

2018051803
バシラリスns

比較の為、数年前の画像ですがこちらのタイプも載せました。 一応今年開花したのですが、ダメージ後の開花でしょんぼりした感じだったので、全盛期の頃の画像を引っ張り出す事にcatface 花の形は典型的逆三角形、花色はつつじ色と言った感じで、上の2タイプに比べるとサイズはちょっとこぶりになります。 

サイズの違いをざっくり表現するならaw>nv>nsと言う感じで、awとnvはバシラリスの中では大きい方のようです。 産地が違うと言ってもここまで花に差が出るとは思っていなかったのでびっくりしましたhappy02 他のタイプのお花が楽しみです。

ハンドメイド専門店さわ屋 植物 食用サボテン ウチワサボテン ウチワサボテン(実生苗) 種(ウチワサボテン)

サボテンに関する詳細はサボテン工房のブログサボテン工房のホームページをご覧くださいねwink

Sawayabg07

にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
にほんブログ村
店長の思いつきでランキングに参加などしてみました。  よろしければ投票お願いしますhappy01
 (1日1回有効です)

|

« ウチワサボテンのカキコ 再入荷しました | トップページ | ウチワサボテン ストリクタ初開花 »