« キリンウチワ接ぎ ぎりぎりアウトからの復活 | トップページ | バシラリスの果実 食べてみました »

2018年7月10日 (火)

バシラリスの果実 初収穫

今年開花したバシラリス、いくつか果実を収穫する事ができましたapple バシラリスって種があっても無くても果実の見た目にあまり差が出ないので、カットしてみないと種が出来ているかどうかはわからず、しかも熟し加減もわかり難いので、収穫のタイミングが遅かったものも出てしまいましたdespair

2018071001
バシラリスaw

果実はセミドライ位で収穫。 接木の影響もあってか、原産地の種を超える大粒の良い種が採れましたgood aw系は全体的に大粒で、ひとつの果実に10~15個位種がみっしり詰まっていました。

2018071006
バシラリスaw♀×バシラリスnv♂

収穫するきっかけとなったのがこの果実、雨上がりにひとつ腐り始めたのを発見して慌てて収穫した次第sweat02 果実をカットしたら、中で種がほぼ全て発芽していたという・・・sweat01

2018071011
バシラリスaw♀×バシラリスnv♂

すぐ植え込みしたら翌日には双葉が出始めてました。輸入の種は発芽後、中々殻を破れず、もたついているうちに害虫に食べられたり腐っていくのが出るので、サボテン工房のおやじさんが見かねてわざわざ剥いていましたが、これは自力ですぽ~んと殻が取れてましたcoldsweats01 種も採れたてで大きいし、内包しているエネルギーが大きいせいなのかな?

2018071003
バシラリスaw♀×赤ヒメマクロケントラ♂

昨年バシラリスnsにマクロケントラをかけたものの結実せず、今年はawと赤ヒメマクロで交配した所、種が出来ましたshine こちらはすぐに種を蒔き、今後生長の具合によって接木して、どのような特徴が引き継がれるか確認する予定です。 楽しみ~heart04

2018071007
バシラリスnv♀×バシラリスaw♂

こちらも接木ですがウチワはそれ程肥大しなかったせいか、種の大きさや形は原産地の種とほぼ同じでした。 余談ですがnvタイプの輸入の種の残りを先日蒔きましたが、発芽し始めた時に運悪く小さな蛾の幼虫が大量発生して、気が付いたら食べつくされていましたcoldsweats02

2018071004
バシラリスnv♀×アズレアpr♂

たった一粒だけ種が出来ていましたhappy02 この種だけ他のバシラリスに比べて種の赤味が強めでした。 こちらも早速蒔いてみましたbud

2018071002
バシラリスns♀×バシラリスaw♂

こちらは雨ざらしでしたが、果実が腐ることなく完全にドライになっていましたcherry 種のサイズはawを小粒にした感じで、しっかり乾燥したせいかそういうタイプなのか、洗浄した時、これだけ種の周りのヌルヌルが少なめでした。

収穫できた種は只今乾燥中で、余剰分があればさわ屋にも入荷する予定です。 ただ、ひとつの果実から採れる種の数が思ったより少ないので、入荷しても1~2袋程度かもしれません。

ハンドメイド専門店さわ屋 植物 食用サボテン ウチワサボテン ウチワサボテン(実生苗) 種(ウチワサボテン)

サボテンに関する詳細はサボテン工房のブログサボテン工房のホームページをご覧くださいねwink

Sawayabg07

にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
にほんブログ村
店長の思いつきでランキングに参加などしてみました。  よろしければ投票お願いしますhappy01
 (1日1回有効です)

|

« キリンウチワ接ぎ ぎりぎりアウトからの復活 | トップページ | バシラリスの果実 食べてみました »